絵本を読み聞かせは楽しい。司書業務の中で一番好きな仕事です

今の図書館には絵本がたくさん置いてあって、並べたり貸し出しするだけじゃなく、多くの図書館で読み聞かせ会を実施していて司書たちが子どもたちに読み聞かせしています。

そして、私もいよいよ読み聞かせデビューを果たすことになったので、その時の様子をお話しします。

緊張の読み聞かせ当日

読み聞かせ会は対象年齢別に分かれていて、私は乳児向けの絵本の読み聞かせを担当することになりました。

大勢の子どもたちが来るので、見やすいようにすごく大きなビッグブックといわれる本を使うんですが、司書になってから初めて見て驚きと感動でした。

ちょっと重いですが、特別感があってわくわくしますよ。

まだ独身の私は子ども相手に絵本を読んであげたことはないので、子どもたちがちゃんと聞いてくれるか不安でした。

毎日家で練習して、ここで笑って欲しいとか感動してほしいと思う場所を重点的に読み、よし完璧と自分なりに納得して、というか自分に言い聞かせて本番に挑んだのです。

当日はやっぱり緊張して声が震えてつっかえたりすることもありましたけど、子どもたちも興味深そうに聞き入ってくれて、最後にママたちの拍手ももらいました。

子どもも親も司書も成長できる読み聞かせ

読み聞かせを体験して、読み聞かせにはこんな効果もあるんだと気づきました。

★聞いてるほうだけではなく、読んでいるほうも癒され心が落ち着く。
★お母さんの癒しにもなり表情が穏やかになり、声が優しくなる
★子どもとお母さんのコミュニケーションがとりやすくなる
★家族の話題が増える

読み聞かせは、私にとって子どもの成長を助け見守れる素敵な仕事でもあり、自分自身もともに成長できる貴重な体験になりました。

かなり充実している図書館の絵本コーナー

今は多くの図書館にはキッズコーナーなるものがあって、赤ちゃんから小学生まで幅広く利用されてます。

絵本だけじゃなくて、紙芝居もあってお母さんが自分の子どもやお友達の子どもたちに読んであげているほほえましい姿もみられるんですよ。

司書資格を持つ母に聞くと、昔の図書館では絵本はあまり置いてなくて、あっても古くてボロボロになったものが多かったんだそうです。

活字離れが進む中、子どもの時からいい本に出会って本と仲良くなってもらおうというこの取り組みは素晴らしいと思います。

読み聞かせで子どもたちに絵本を聞かせた体験からも、国民の血税はこういうところにこそ使われるべきだと、ひしひしと感じた私です。

会を重ねるごとに司書たちも指人形を使ったりお面を作ったり工夫を凝らすようになり、私もそんな先輩たちを見習いたいと思ってます。

普段は司書が読み聞かせをしますが、大きな図書館では絵本作家が来て読んでくれることもあるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です