難関だった司書講習の内容と受け方について

司書の資格は短大か大学で課程を選択して単位を取って卒業すれば取得できますが、ほかにも司書講習を受けるという方法があります。
そして私の場合は、社会人を経て司書講習を受け、司書資格を取得しました。

社会人から司書になるなら司書講習

私の通っていた短大では図書館司書の資格取得が可能だったんですが、当時は司書になるつもりはなくて課程を選択しませんでした。
でもOLとなって1年が経ち、何か物足りない気持ちになり転職を考えるようになったんですね。
そして何か新しい資格や知識を身に着けようと図書館に通うようになって、司書という職業を意識するようになったんです。
短大の同級生で、地元で司書になった友人に久しぶりに連絡を取って、司書になりたい気持ちを打ち明けてみました。
その友人に、司書講習を受けて司書になる方法があることを教えてもらったんです。
もともとは資格のない図書館職員のためのものだったそうですが、今ではOLや主婦など社会人から司書になりたい人が多数受講しているのだと知りました。

司書講習を受けるには

司書講座は全国にある講習を実施している大学で受けるんですが、実施している大学はすごく少ないんです。
残念ながら私の住んでいる所にはなかったので、遠くまで受けにいくことになりました。
行われる大学は、政府が発行している官報に3月の終わりから4月の初めくらいに載ります。
この講習ですが、講習というのは受けるのは誰でもできるものだと思っていたら大学によっては希望者が多くてすごい倍率です
しかも受けるためには、まず受講資格を満たしていないとダメなんですね。
受講資格があるのは、大学か短大、専門学校の卒業生と大学で62単位以上修得した学生、そして司書補としての経験が2年以上の人です。
大学在学中の人は卒業後、司書補は通年3年以上の経験がないと受講はできても資格は得られません。
私は幸い短大を卒業していたので受講資格があって、ホッとしました。
受講するためには、大学によって違いがあるかもしれませんが、私の場合だと応募用紙に作文を添えて応募しました。
そしてなんとか合格の通知を受け取って、受講料を払って講習を受けられることになりました。

司書講習の内容

司書講習には必須科目と選択科目があり、内容は下記の通りで、必要な単位を取得しないとなりません。

★図書館サービス概論
★生涯学習概論
★図書館概論
★図書館情報技術論
★図書館制度・経営論
★情報サービス論
★児童サービス論
★情報サービス演習
★図書館情報資源概論
★情報資源組織論
★情報資源組織演習

★図書館基礎持論
★図書館サービス持論
★図書館情報資源持論
★図書・図書館史
★図書館施設論
★図書館総合演習
★図書館実習

上11科目が必須でその下が選択になり、2科目以上を選択します。

なんか小難しい感じですが、図書館を利用している人にとっては普段目にしたりやっていることと関連しているものなので、わかりやすくて面白いですよ。
司書講習は7月から9月の約2か月間で一気に行われるので、社会人の場合はこの時間を確保するのが一番の難関ですね。

司書講習で図書館司書の資格を取得したい人必見↓

東京の司書講習一覧

今思えば短大時代に司書の資格を取っておくべきで、友人に相談したときもそうすれば単位を取って卒業すれば資格が取れたのに勿体ないと言われちゃいました。
でも苦労して取得したからこそ、今図書館で働けることにこれだけ感謝できるんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です