憧れていた司書の仕事は意外にも肉体労働だった?体力がいる!

司書になる前は、本は読むものでしたが、司書になってからは運ぶものになりました。

かくして私は、この本が以外と重いものであり、司書が肉体労働であるという以外な事実を知ることになったんです。

大量の本を運ぶ司書の仕事

1冊の本の重さの目安は、だいだい下記のとおりです。

★文庫本 約200グラム
★ハードカバー 約500グラム
★漫画本 約200グラム
★CD・DVD 約100グラム

厚さや大きさによって差はありますが、本は1冊だったらほぼ1キロ以下です。

この本が大量に入ったコンテナを持ち上げたり、コンテナを台車に乗せて押して運んだりというのも司書の仕事なんです。

私の働いている図書館には2階がありエレベーターはあるんです

が、使えない時もありますから、これを持って階段を上がることもあります。

結構つらい配架作業も司書の仕事

そして、運んだ本は本棚に並べないといけません。

大量の本が置いてある図書館の本棚は段数も多く、上の段に並べるときは背伸びをして腕をのばさないとなりません。

中段の時は中腰、下の段の時はしゃがんで頭を下げたりとか結構無理な姿勢になることが多いです。

そして本棚を移動する際には、たくさんの本が入った重いコンテナを移動したりしないといけません。

返却された本や新しく入った本を本棚に並べるこの配架作業も、結構体を使う仕事なんです。

この作業が終わるころには、腰や肩、腕や太ももなど痛くないところがないくらい体中が痛くなってます。

意外な司書の職業病

司書になる人は、たいてい文科系の学校の出身です。

そして本好きな人が憧れて目指す司書という職業に体力が必要だということに、多くの人が司書になってから気づくんです。

本が好きな人というのは運動が嫌いで苦手という人が多くて、かくいう私もそうだったんですね。

体を動かす習慣がないので体の動かし方がわからなくて、慣れない作業で腰を痛める人も多くヘルニアになる人もいます。

私自身もケアと予防のためにコルセットを愛用するようになり、体を鍛えるためスポーツクラブにも通うようになりました。

腰痛のほかに腱鞘炎になる人も結構いて、意外な職業病として司書たちの間では恐れられているんです。

 

司書の資格を取るためとか司書として採用されるために強靭な肉体や高い身体能力が必要とされることは、まずないです。

でも司書を長く続けるためには体力が必要なので、司書を目指す人は今から体力を付けておくことをオススメします。