司書ってどうなの?給料や待遇面での本音を暴露

司書の給料は正職員として勤めるか、契約なのかバイトなのか派遣なのかによって違ってきます。

正職員の平均的な年収は300万円くらいなので普通より少し少なめで、そのせいもあってか司書には女性が多いです。

司書の給料はどれくらい?

司書の場合、一番正当なというか正式といえるようなルートで採用されると地方公務員になりますから、それに順じた給料というわけですね。

学校にいる司書教諭になると、普通は教員として採用されるので教員と一緒になると思います。

学校によっては司書教諭のほかに学校図書館司書がいることもあり、こちらは非正規雇用が多いみたいです。

契約社員やアルバイト、パートだと平均的な金額からちょっといいくらいです。

派遣は派遣会社との契約になって、派遣会社によって違いますが普通のパートよりちょっといいことが多いです。

私のもらっている給料と見聞きした給料と若干想像を加えた金額になりますが、だいたいこんな感じです。

★地方公務員として正職員で勤務の場合の初任給→20万円代前半
★司書教諭→20万円代前半
★学校図書館司書→15万円程度
★パート・アルバイト→時給800円から1,000円
★派遣→時給1,000円から1,500円

国立国会図書館などになるとまた特別ですけど、私がいるような地域に根付いている図書館だとだいたいこんな感じだと思います。

図書館の休みや人間関係はどう?

公的な図書館だと月曜日休みが多く、私の勤める図書館もそうで、開館時間も9時から7時までと長くて勤務日はシフト制です。

パートやアルバイトの場合は、土日休みという条件で働けることもあります。

図書館の人間関係は、本が好きという共通点で理解が得やすいからいいですね。

共通点があって話が合うというのは、良好な人間関係を保つのにすごく役立つんだと実感してます。

でも私のいるところは大丈夫ですけど、公務員は定年まで勤める人が多いのでお局様がデンと構えている図書館もあるみたいですよ。

パラハラや人間関係に悩むことがあるのは、どの職場でもあることなんでしょう。

図書館司書ってやりがいある?

待遇的にはすごくいいというわけでもなく、ブラック企業並みに酷いというわけでもありませんが、やりがいという意味では二重丸だと思います。

向き不向きはありますが、多くの人に本を読んでもらえる喜びを日々感じられるのは素晴らしい事ですよね。

読み聞かせ会やイベントも多く、本を通じて人とのつながりができていく達成感も大きいです。

今は絵本やCD、DVDまで置いてあって、老若男女大勢の人が毎日図書館に訪れ、地域の人々の暮らしぶりも感じ取れるんです。

本の整理など力仕事もあり、腰が痛くなることもありますがそれ以上に楽しいことも多いです。

私の場合は派遣なので派遣会社との契約になり、時給1,500円もらっています。

派遣のほうがいいようですが、契約やパートは条件が揃えば有休やボーナスももらえ、保険に加入できる場合もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です